きまぐれうさぎ/マフラー

e0062047_20413931.jpg

# by doudou803 | 2006-01-14 20:41 | new

やっと!

空さんが、年賀状を持って来てくれた。住所が少し違ったらしく、未配達で戻って来たので、直接配達をしてくれた。今年も、相変わらずのふたりでした。(dou.dou認知度、笠間で、まだまだなのかな?)と、そんな話題で、盛り上がってしまった。そして(商売してるんだから、お稲荷さんに行ってくるべき)と言われ、4時30に閉めて、行って来ました。いっぱいお願いしても、嫌われるかなと思い、やっぱり健康だったら、なんとかなるかなと、それを願ってきました。もう、私は、さっさと終わってしまっているのに、いつまでも、みっちゃんは、お願いしていました。何をお願いしたのかしらね.....模様替えした、お店の中を、ずっと帰りたくなくなりますと、誉めてもらって、今日も感激しました。そしたら、あの29日の、冷たい夜のきらきらした空、思い出しました。
# by doudou803 | 2006-01-08 00:05 | diary

今日から

仕事初めです。それなのに、私としたら、4日の夜から2年半ぶりに、熱を出してしまった。元気だけが取り得だったのに、やっぱり歳なのかな?でも、なんとか熱も下がって、出勤出来た。2006年、初日のdou.douに来てくれるかな、お客さん?なんて思っていたら、トップバッターで、あやちゃん、大好きなひかるちゃん、えみちゃんに、えりちゃん、hirokoさんにふうちゃん千浪さん、山口家一族、貴絵さん、来てくれました。待っていてくれる人がいるって、嬉しい事ですね。永六輔さんが、年末のラジオで言ってた言葉がありました。必要な物と欲しい物、必要な物は、どんなに高価な時があっても、必要だから仕方がない。でも、欲しいものの場合は、我慢が必要な時もあるよと言ってた。monoに溢れている時代だからこその言葉なのかも知れない、そう思いました。今年のdou.douは、絶対に欲しいし必要と思ってもらえるmonoを目指して、頑張ろう。今年の抱負でした。
# by doudou803 | 2006-01-07 00:11 | diary

感動したね。

今年も、たすきをつなぐ箱根駅伝、数々のドラマがあって、つい涙なしでは見なれなかった。ひとりだけの力では、勝つ事が出来ない、これが団体の競技だ。だからこそ、この経験があれば、その先何十年もその養った、強い力で生きていく事が出来るのかも知れませんね。見終わると、毎年同じように、まだ、こんなに素敵な若者が日本にはいる、棄てなもんじゃないよなと思ってしまう、箱根駅伝は、見た人に、きっと、(みんなで、ひとつの夢を追う素晴らしさを教えてくれている)そんな気がします。そして、里見八犬伝、いつの世も、憎む事、争う事ない平和を願うドラマで、これ又感動してしまいました。争いの嫌いなサンディは、斬るシーンが多かったので、その度に吠えて、(サンディなりに、平和を訴えていました)。こうして、3日目の夜も、更けていきます。
# by doudou803 | 2006-01-03 23:51 | diary

今年も

お正月になると、実家で必ず見るビデオがある。20年前、家を建て直す前の日に撮った、実家の記録だ。それを、母が生きていた時も、亡くなって10年が経つけど、毎年見ては、同じセリフを言いながら、それぞれノスタルジックに浸ってしまう。甥の純平が(お婆ちゃんの声、忘れてしまったな)と言ったけど、私も、そうだった。ボリュウムを最大限大きくして、70歳の、母の声を聞いた。優しい声だった。のんびりとした一日を、今日も過ごしてしまった。
# by doudou803 | 2006-01-02 23:49 | diary

今年も

穏やかな2006年がスタートした。20年程初詣には益子の西明寺に出かけています。去年は雪の為、行きだしてから初めて断念した。高台にある風情のある西明寺、なぜか、このあまり大きくない寺が私は、大好きだ。寺まで、そんなに高くはない、この階段を、上がる度に(心の中で、いつまで上がれるかな?)なんて思ってしまいます。それぞれの願い事をお願いして、おみくじをひいて、(徹が大吉、私と奈緒は吉)自分にとって、良いことだけを覚えて帰って来ました。
2時に家について、テレビをつけたら、サザンの年越しライブをやっていた。いろんな2005から2006年へとの過ごし方があるんだなと、羨ましくテレビを見ました。ともあれ、いい年だったねと、今年もと言えるように、頑張りたい、そう思いました。もし、今日が失敗したら、でも明日があるさ!と思って......
# by doudou803 | 2006-01-01 22:41 | diary