パリから

パリに着いたyorikoさんから電話が来た。まだ3時なのに目が
覚めてしまったのでかけて来てくれた。

飛行機の中は、就学旅行の学生と一緒で満席の状態だったそうだ。
ドゴールには拓ちゃん(キムタクではなくyorikoさんの長男です)が
迎えに来てくれていて、ステイ先のイタリア人の女の子のアパートに
向かい、拓ちゃんに先に行っていてと、鍵の開け方を教えてもらい
ばくちゃんとアパートに向ったそうだ。

まず表のドアのナンバーを押して、それからも中に入って鍵を開ける。
そして、螺旋階段を上がって部屋に向う途中、階段の明かりが消えて
しまい、そのボタンが見つからず、間違ってドアホンを押してしまった
らしい。それからは真っ暗な階段を仕方なく上がって行ったそうだ。

私も何年か前、孝子さんのアパートに行った時同じ事をしたのを
思い出して笑ってしまった。そんなパリの始まりをリアルタイムに
聞かせてもらって朝から嬉しかった。

もう、すっかり私達はパリジェンヌだよ、帰りたくないからと言って
いたけど淋しいから帰って来て、今マリアさんとまことさんがトルコから
帰ってきたよ~とメールが届いた。yorikoさんと連絡がついたら
ヨロピコなんて書いてあったよ。

そして、ひかるちゃんが見事私立中学に合格した。やったね!!

そして徹は、やっぱり朝から落ち葉の掃除をした。私は、もう少し
ふかふかクッションの感触楽しんでいたかったのに.................
by doudou803 | 2006-12-07 23:22 | diary
<< 使ってるから 行ってしまった。 >>