朝の

NHKの純情きらりが終わった。桜子は、やっと結婚出来て赤ちゃんが
出来たと思ったら結核になってしまっていた。やっと産まれても抱く
事も出来ず、でも、きらきらした人生だったよと旅立っていった。

私の母も、私が産まれて1歳になった時、結核になり桜子のように入院した。
私は父方の親戚に預けられて育ててもらった。5年ほどたって退院した母と
会えた日の事を、いまでも鮮明に覚えている。子供に会いたい一心で
回復出来たのかなと思った。退院して来た母に飛びついた感触を、もうかなりの月日が
経っているのに忘れられない。

朝からテレビを見て、遠い昔を思い出してしまった。退院して来た日は桜が
満開だった。甘い香りと、暖かい風を父と兄と感じた日でした。
by doudou803 | 2006-09-30 23:36 | diary
<< もう! どんどん >>